更年期障害を考えようよ

こちらは「更年期障害」を考えるホームページです。
40代後半ぐらいから症状が現れる更年期障害ですが、女性なら早い段階から対策や予防をやっておいたほうがいいと思います!?
更年期障害というものは、女性のエストロゲンというホルモンの減少からいろんな身体の不調が起こってくる症状で、身体が熱くなったり!以上に汗をかいたり!疲労感を常に持ちながら生活したりと身体に大きな負担を起こす症状が出てくるものなのです。細かなところでは、頭痛やめまい、肩こりといった地味な症状も出てきて精神的にネガティブ思考になったりもするのです…
このような更年期障害の問題について症状や対策といったところを載せてご紹介したいと考えています。更年期障害って大きな問題ですよね~。もちろん男性にも訪れますよ!?

更年期障害におすすめのサプリメントと活用法

更年期には、今まで正常だった女性ホルモンの分泌が変化することで、心と体に様々な不調が起こります。
その具合や症状は人それぞれですが、日常生活に支障をきたすほど重い場合は更年期障害と呼ばれ、治療が必要になります。
更年期障害には病院での治療に加え、サプリメントを活用すると体全体のバランスが整いやすくなります。
おすすめのサプリメントは、イソフラボンとエクオールです。
イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノールで、性ホルモンの代わりとなるような働きをすることで知られています。
がんや骨粗しょう症を予防し、更年期障害の症状を緩和します。
そして、最近注目されているのが、エクオールです。
エクオールは、イソフラボンが腸の中の細菌によって変化した成分で、イソフラボンよりも高い効果を発揮すると言われています。
エクオールは、食品から摂取することも可能ですが、日頃から大豆や大豆食品を食べていない人は、腸の中でイソフラボンをエクオールに変える菌を持っていないため、サプリメントを活用することで効果的に摂取することができます(手軽さがイイと思います!専門サイトを載せておきますね →更年期サプリメント)。
更年期障害はつらいものですので、自分に合ったものを選び、少しでも快適に過ごせるようにしましょう。

更年期障害の症状、漢方薬とサプリメント、選ぶならどっち?

加齢よって卵巣の機能が低下することにより、女性ホルモンが減少します。更年期障害とは、女性ホルモンの減少によってさまざまな悪影響が引き起こされることを言います。その治療にはいくつかの方法があります。
一つは漢方薬を使った治療です。更年期障害では、決まった症状があらわれるとは限りません。体のあちこちが痛んだり、調子を崩したりします。漢方薬の場合、複数の症状に効果を及ぼすのが大きなメリットです。デメリットとしては、ホルモンを補給するわけではないので、ホルモン低下が直接の原因の症状には効かないということが挙げられます。
漢方薬は飲みづらいという場合は、サプリメントで治療する方法もあります。サプリメントは手軽に健康になる手助けをしてくれます。しかし、あくまで食品ですのですぐに効果が出るわけではありません。気長に毎日飲み続ける必要があります。

更年期障害のめまいに効くサプリメント

更年期障害の症状にはめまいがあります。突然、周囲の景色が回っているように感じる回転型めまいは、平均感覚を司っている三半規管に炭酸カルシウムの粒が剥がれて入り込むことで刺激が加わりおこります。
ゆれているような感覚で浮遊感を感じる浮動性めまいは、脳血管障害や高血圧、私立神経の乱れなど、脳の血流障害が原因とされております。
そんな更年期障害にお勧めなサプリメントは、まず、プラセンタが含まれているものが女性ホルモンを補うのと同じような作用が期待できます。
次に、ビタミンB群が含まれているものは精神を安定させることが期待できます。原因として女性ホルモンのバランスが崩れるとともに自律神経のバランスが崩れることにより、ストレスが溜まるため、精神を安定させることにより症状を軽減させることができます。

更年期障害を乗り越えるためのサプリメントの選び方

更年期障害になると、のぼせやほてりといった症状が現れるようになります。それまではあまり汗をかかなかった方でも、急に汗をかくようになります。更年期障害の症状には個人差があるため、ほてりなど軽めの症状で済む方もいれば、頭痛や倦怠感、動悸といった強い症状に悩まされる方もいるでしょう。更年期障害の時期は自然と過ぎていくものですから、上手に乗り越えられるよう前もって対策を考えておくといいでしょう。サプリメントを利用するだけでも更年期障害の不快な諸症状を、ある程度緩和させることができます。一つのサプリメントに複数の有効成分が配合されていますが、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンなどの成分が人気を集めています。サプリメントを選ぶときは配合している成分を確認しましょう。

更年期障害の症状チェック!

更年期障害の症状について軽く確認してみましょう!
更年期障害というものは、ある程度は自分で判断できるのです。

症状チェックとしては…
・動悸や息切れが頻繁に起こる
・のぼせる回数が増えた
・最近、汗かきになった気がする
・めまいがする
・血圧が高くなった
・睡眠不足、眠りが浅い気がする
・疲れやすい
・お肌が荒れる
・手足が冷える
・食欲が落ちた、体重の変動が激しい

4つ以上当てはまったら更年期障害によっての原因だという可能性があります。
自分の症状が更年期障害に該当すると思ったら、専門の医療機関で受診するようにし、適切な治療法を選ぶようにしましょう。

更年期障害を軽く考えてはいけません!
うつ病やパニック障害、内臓疾患、心臓病などの症状とも似ているので気をつけるようにしましょうね~

更年期障害は何歳からはじまるの?

更年期障害っていったい何歳くらいからはじまるのでしょうか?
「閉経」で考えてみましょう…
更年期障害はこの閉経前後に起こると言われています。年齢で言えば50歳くらいですかね!?
女性の生理が終わるころが更年期障害のはじまると考えると、個人差がありますが、大きく分けて40歳~60歳くらいの間が更年期の時期だと考えていいと思います。ですから、その年齢に入ったら何らかの更年期対策をはじめたほうが良いのではないでしょうか?何か対策していれば、更年期を楽に迎えることができますもんね!?
また、その他の症状もいろいろとありますが(イライラしたり!頭痛!ほてる!などなど~)、少しわかりにくいところもあるので更年期に気づくのって難しいところがあります…